• Satoshi Enomoto

【雑記】あけましておめでとうございます(トラ年)




 寅年ということで、我が家のトラ様にご登場いただきました。今年で10歳になります。

 猫様たち共々、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


 

 昨年はコロナの感染拡大の様子をずっと気にしつつも、いくつかの自主企画を試行錯誤し、書いた劇音楽を初演し、伴奏の仕事を徐々に取り戻し始め、オンラインレッスンもコダーイラボに参入し…と、周囲の人たちとの繋がりに助けられることが多かったように思います。


 既に自分自身の企画したもの以外でも今年の本番が決まってきていてありがたいです。昨年もかなり攻めたことをやったつもりでしたが、今年はそれを上回りそうなラインナップとなっております。まだ詳細な情報を出していないものでも、シェーンベルクの《月に憑かれたピエロ》や《架空庭園の書》、ベートーヴェンのソナタや歌曲などが計画されています。続報をご期待ください。



 現在やっていることを、宣伝も兼ねて列挙します。


演奏


 ソロ、アンサンブルともに展開しております。コンサート情報は当ホームページ内のCONCERTに更新しておりますので、ぜひご確認ください。直近のソロコンサートは1/22 (土) 14:30開演の『古典派のやさしいソナタ』です。また、伴奏依頼もお気軽にご相談ください。どちらかというと歌曲や合唱曲の方面に関わっていることが多いです。コード譜も対応できます。


創作


 主にピアノ曲、歌曲や合唱曲を書いています…と言いたいところですが、『テンペスト:大嵐』の音楽を書いたっきり作曲は停滞中です。むしろ昨年後半などは編曲に追われていました。たまに「報酬そんなに高いんだ!」と言われそうですが、表に見えない作業時間が多いのでご了承ください。実際にはどちらかというと演奏やレッスンを安めに設定しているという節が強いのですけれども(笑)


レッスン


 ピアノレッスンを主に据えたいとは思いつつも、気付けば広く範囲を拡げてしまっています。ピアノの他、階名を用いて視唱や聴音を行うソルフェージュ、楽典や和声(こちらも音名と階名は分けています)、楽曲分析などを取り扱っています。譜読み・音取りのサポートなども承ります。


 ちなみに、月1回ペースでコダーイ研究所Online Laboの西洋音楽史講座も担当しております。こちらは途中参加はできなかったと思いますが、来期参加も考えておいていただけると面白くなるかと思います。


その他


 浄書やフライヤー作成なども裏メニュー的に承っております。引き受けられる仕事かどうかはご相談の上で判断しますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。


 また、ブログ記事やYouTubeも不定期的に更新しております。変に映えやウケなどは狙ったりせず淡々と考えを書いたり音源を上げたりしているという割合硬派な内容ではありますが。ご興味がありましたら覗いていってください。チャンネル登録もしていただけると僕が助かります。



 人生とは先行きがわからないものだなぁとこの数年度々思っています。この後も思うことになるでしょう。なにやら第6波の雲行きも怪しくなってきていますが、めげずに音楽を続けていきます。よろしくお願いします。

タグ:

閲覧数:29回