• Satoshi Enomoto

【雑記】音楽を聴くのに教養は必要?:"教養"の範囲は広いかもしれない


 音楽を演奏する側の人間には相応の技術や知識、音楽経験が無ければ表現を表出できない…ということは、多くの人が首肯するところでありましょう。本当に目の前に示された楽譜一つだけから音楽を出力しているわけではなく、それまでの蓄積は活かしているわけです。


 これが翻って、音楽を鑑賞する側はどうでしょうか。鑑賞することにおいて技術や知識、音楽経験が必要であるか、ということです。言ってしまえば、あるに越したことはないかもしれませんね。音楽の持つ情報量をどこまでキャッチしてどこまで味わえるかということも、それまでの鑑賞者の音楽の蓄積によるところはあると思います。



 さて、「音楽を聴くのに教養は必要か」という話題を見ました。このことに短い文章で回答するのはよろしくなさそうだと考え、長い文章が書けるところで考えを述べようと思います。


 「音楽を聴くのに教養なんて要らない。綺麗な音が気持ちいいというだけでもいい」という考えも、それはそれでよいと思います。そのような即物的な美観に振り切った音楽作品だってあるでしょうし、楽曲に対するファーストコンタクトがそのようなものであることは決してあり得ないことではないでしょう。


 せいぜい気掛かりなのは、表面的な要素に驚かされてしまう場合でしょうか。ピアノでは指が速く動くだけでもエンタメとしては働いてしまいますし、音楽自体よりも身体運動の曲芸として持て囃されることまで良しと言えるかといえば…他人の鑑賞姿勢に文句を言う資格は誰にも無いのは前提としつつも、個人的には複雑な思いがあります。


 一方で「音楽を聴くのに教養は必要なのだ!」と、この言葉だけでストレートに主張することは、排他姿勢とも取られかねないでしょう。教養という言葉自体に高尚なイメージがあるという要因もありつつ、クラシック音楽に至ってはただでさえ「インテリのもの」というこれまた高尚に振る舞うイメージが刷り込まれているものですから、相乗効果で「偉ぶりやがって」というヘイト感情を喚起してしまうことが予想されます。


 実のところ…どちらを主張したとしても、程度を強く受け取られてしまえば不具合が起きると言ってよいでしょう。



 時に皆様、音楽を聴いて何かしらを感じたり考えたりすることはありますでしょうか。「いやまあそりゃああるでしょうよ…」と思われるかもしれません。例えば、低音で刻まれるビートによって気分が盛り上がるとか、柔らかい音色に心が落ち着くとか、とあるメロディに怒りや悲しみの感情を感じるとか、はたまた音楽の雰囲気から特定の情景を思い浮かべるとか…そういったごく日常的なことです。


 ところで…なぜそのようなことができるのでしょうか。どうしてあなたは、音楽に怒りや悲しみの感情を見出だしたり、音楽から特定の情景を思い浮かべたりできるのでしょうか。どうして音楽は、あなたの中にあるその感情や情景と結び付いたのでしょうか。


 あくまで僕自身の感覚ではありますが、音楽を聴く時に作用する "教養" とはその段階のレベルのことから始まっていると考えます。「悲しい」を知っていること、「楽しい」を知っていること、「天にも昇る歓喜」を知っていること、「底の見えない暗闇」を知っていること、「早朝の山中で飲むコーヒーの美味しさ」を知っていること、「高台から望む海に沈む夕日の美しさ」を知っていること…そのすべてが "教養" なのではないかと思うのであります。それらを知っているからこそ、音楽を聴いて様々なことを感じたり、考えたりできるのではないでしょうか。


 "音楽に必要な教養" という言葉だけ聞いてしまうと、即座に楽典や音楽史、ジャンルに関する知識やら、さらには多くの作曲家の人生にまつわる蘊蓄を思い浮かべてしまうかもしれません。確かにそれらについても、音楽を鑑賞する上で活かされる教養には違いないと思います。作曲家がどのような方法を用いて、作品に何を託したのかということについて、より深くに繋がる鑑賞のヒントを得たいのであれば、音楽史や音楽理論の知識を得ることは効果的でしょう。しかし、その手前にも色々な "教養" はあるのです。



 僕もあまり偉ぶって言える立場ではないでしょうが…自らの感じ方・考え方を拡げ、かつその精度を上げていく多様な "教養" に興味を持ち、意識を向けることが大切であると思います。「もっと感じたい」「もっと考えたい」「もっと知りたい」と思うようになったら、行動ごと自然にその奥へと進むでしょう。


 また、可能であれば、音楽を聴いた時にはぜひ、その音楽から何を自分が受け取っているのかを感じたり考えたりしてほしいと思います。何を受け取ったから正解/不正解というものではありませんが、そこに多少の差が生じることも事実でありましょう。きっと受け取れるものは多い方が楽しいと思います。


 一般にイメージされているよりも "教養" の範囲は広いものなのでしょう。積極的に感じよう、考えようとすれば、知りたいことが増えていくのではないでしょうか。"教養" のスタートはきっとそこに発見されるでしょう。

タグ:

178回の閲覧